ガンでお悩みの方に朗報!ガン撲滅に抗ガン漢方薬・天仙液。
 天仙液は、アメリカ食品医薬品局では漢方サプリメントとして、オーストラリア、香港、タイでは医薬品として認可されている抗ガン漢方薬です。
 相談スタッフが適切に応対しております。
 お気軽にお問合せ、資料請求ください。試供品を贈呈中です。

ガンとの闘いに私は克った!抗ガン漢方薬・天仙液。資料と試供品を配布中。


抗がん剤の開発

 抗がん剤の開発ってどうやっているのでしょうか?

 通常の薬などは、開発当初はマウスなどの他の動物で行っていると思います。
 そして、ある程度開発が進むと、人での臨床でしょうか?

 最近では、薬の検証を人を雇って行うシステムもあるようです。

 しかし、抗がん剤の場合はそうはいかないですよね?
 当初の検証は、マウスなどの他の動物でOKだと思いますが、その後の人間ほの検証はどうやっているのでしょうか?

 人を使った、臨床は日本では難しいと思われます。
 やはり、医学の進んだドイツや米国で、なんらかの方法を用いて検証しているのでしょう。

 薬の開発には、非常に莫大な費用が掛かるようです。
 通常の薬ですらそうですから、抗がん剤となると想像もつかないくらいの費用が掛かるのでしょう。

 ですから、抗がん剤の末端価格は非常に高くなってしまうのです。
 患者にとって、入院費やその他、非常にお金が掛かって大変なときに、高価な抗がん剤を使うことには、さらなる負担になってしまうわけです。

 がん保険等に入っていないと、たいへんなことになりますね。
 しかし、実際はほとんどの方が、がん保険までは入っていないでしょう。

 ですから、出来るだけ安く抗がん剤を提供できるシステムを作って欲しいと願います。
 ひとりでも多くの、がん患者が完治し社会復帰できるように・・・

抗がん剤の未来

 医学が進歩していくにしたがって、さまざまな病気の治療法も進歩していくことでしょう。
 もちろん、がんも例外ではありません。

 抗がん剤も日に日に進歩していくことでしょう。

 それは、副作用がなくなることかもしれません。
 副作用が完全になくならなくても、少しずつ軽減されていくことでしょう。

 もちろん、副作用だけでなく完治するような、抗がん剤が開発されるかもしれません。

 ただ、今現在は副作用は、避けられない現実です。
 その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するために、専門医の方々には努力をお願いしたいです。

 抗がん剤治療の進歩には、長い時間の研究や臨床試験などが必要だと思います。
 また、抗がん剤の開発には、莫大な費用がかかると思います。

 しかし、がんを完治することが出来る治療法が見つかれば、救われる人はかなり多いでしょう。

 それまでは、抗がん剤の投与方法や治療中の食事両方など工夫して、少しでも症状が改善されるようにしていただきたいです。
 もちろん、治療に掛かる費用も軽減されればいいと思っています。

抗がん剤の印象

抗がん剤と聞いて、一般の人たちはどのように感じるのでしょうか?

私の周りの人に聞くと、もっとも多い答えが”怖い”でした。
これは、抗がん剤が怖いのではなく、抗がん剤を使うようになってしまった原因が怖いのでしょうね。
(ガンという病気に対する恐怖なのでしょう)

ガンは、人間の掛かる病気の中では、1,2を争うくらい怖いものですよね。
 そのガンに使う抗がん剤は、恐怖の象徴になってしまっているのでしょうか?

 次に多い答えが、抗がん剤の副作用・後遺症です。
 これは、テレビドラマの影響がかなりあるのでしょう。

 体毛、特に髪の毛が副作用によって、脱毛してしまうシーンが印象的です。
 脱毛してしまった後は、帽子をかぶってベットに入っているシーンが、思い浮かびます。

 抗がん剤による脱毛を隠す、かつらなどもこれからどんどん進化していくのでしょう。

 副作用のない、抗がん剤や治療方法が発見できれば、患者さんのこんな悩みも軽減されるのに・・・

抗がん剤の種類

 抗がん剤の種類って、どのくらいあるのでしょう?

 ts-1、タキソール、ジェムザール、シスプラチンという名前を聞いたことがあります。
 それぞれ、どんな作用があって、副作用があるのか。

 投与方法や治療費の値段・取扱など、専門医がきちんとした管理をしないといけませんね。

 大腸がんにはいいけど、肺がんにはもう一つとか、すい臓がん・卵巣がん・乳がんには適さないとか・・・
 そこら辺は、患者側も少し予備知識を持っておいて治療に望むのがこのましいのでしょうか?

 抗がん剤で後遺症が残ってしまうこともあるようです。
 抗がん剤治療は、被爆していることですからね。

 個人個人によって、効果も副作用も異なりますので、医師の経験と実績・さまざまな管理も治療には非常に重要になってきます。

 抗がん剤投与での治療には、副作用の心配もそうですが、治療費も相当大変です。
 あらかじめそう言ったことに備えるためには、毎年の健康診断や人間ドックなどえお積極的に受けて、早期発見に努めましょう。

 初期のがんでしたら、比較的治療しやすいのではないでしょうか?

 また、万が一のために、ガン保険に加入していれば安心です。
 高額の治療費をあまり気にせず、治療に専念できますからね。

抗がん剤の功罪

 抗がん剤と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 副作用・後遺症・脱毛・効果の度合い・治療費の心配などですかね。
 私が一番心配だったのは、副作用です。

 良くドラマなどで、抗がん剤治療をすると脱毛してしまうシーンがありますので、真っ先に思い浮かべました。
 でも、ここでいう副作用とは、脱毛のことではありません。

 専門医の先生にお話を聞きましたが、抗がん剤を投与すると、白血球が減少してしまうとのことでした。

 白血球が減少してしまうと、どのような弊害があるのか、私は専門家ではないので詳しくはわかりませんが、重要な成分であることは容易に想像ができます。

 白血球のことは見た目には判らないので、なんら変化は感じなかったのですが、外観的には脱毛という変化を生じました。
 うちの父の場合は、年齢的に脱毛してもあまり気にはならないようでしたが、若い女性などはとてもつらいのではないでしょうか?

 抗がん剤によって、脱毛してしまったら人は以前は帽子を着用したようです。
 最近では高機能の、かつらを利用する例が多いようです。

 父は胃がんでしたが、肺がん・乳がん・大腸がん・卵巣がん・膀胱がん・白血病などによって、抗がん剤の種類は違いのでしょうか?
 少しでも体にやさしく安全な、漢方の抗がん剤などは、ないものなのでしょうか?

 でも、抗がん剤によって完治する人もいるわけですから、罪ばかりではないのですよね